ギュギュギュの履き方は?知っておくべき2つのポイントを紹介!

骨盤矯正ショーツとして大人気のギュギュギュですが、正しい履き方をしないと効果をフルに発揮できません。きつめに設計されているショーツやガードルは履くのが大変というイメージがありますが、ギュギュギュはそれほど難しくありません。

それではギュギュギュの正しい履き方について解説していきます。

ギュギュギュの正しい履き方は?

まずはギュギュギュの正しい履き方をするとどういう風になるのかをチェックしましょう!次の画像が正しい履き方をした時の状態です。

 

この投稿をInstagramで見る

 

setuさん(@setsu_777)がシェアした投稿

お腹周りまですっぽり入っていますね!それに3段階あるウエストのフックは一番外のものを使用しています。この方は無理せず使用されているようですね!

それではこのように履くためには次のようにすればOKです。

ギュギュギュの履き方の3ステップ

  1. ギュギュギュのウエスト部を広げて、ショーツ部に足を通します。
  2. お腹周りにすっぽり収まるように、ギュギュギュを履きます。
  3. 3段階あるフックで自分が無理をしないでいい程度の部分でフックをします。

はい、終わりです!普通のガードルにフックが付いているぐらいのものですね!

このように正しい履き方をしていけば、次のような方のように、一番内側のフックを使って、めちゃくちゃいいスタイルになれるかもしれませんよ?

ギュギュギュの履き方で知っておくべき2つのポイント

ギュギュギュの正しい履き方を知ったところで、2つポイントがあります。若干繰り返しの部分も含まれますが、それだけ大事だと思って読んでくださいね!

3段階のフックは無理しない場所を使用すること

ギュギュギュは5つのサイズバリエーションを持っていますが、それに加えて3段階のフックでウエスト部を調節できます。そのため様々な方が利用できるようになっているわけです。

ただし、「いち早く効果を実感したいから、ちょっと無理して一番きついフックを使用しよう」とか考えてはいけません。

継続して使用していくのに、必要以上の無理は禁物です。ギュギュギュ自体がそれなりに着圧してくれるので、必要以上に体に負荷を与えないようにしましょう!

ギュギュギュがきつくても無理に引っ張らない

無理に引っ張ったり、爪を立てたりすると、破れてしまうことがあるので力加減には注意が必要です。ギュギュギュ自体が外からは見えないので、ストッキングのように伝線して恥ずかしい思いをすることはありませんが、せっかく購入したのですから、優しく扱ってくださいね。

ギュギュギュの履き方についてまとめ

ギュギュギュの履き方は基本的には普通のガードルと同じですが、お腹周りまですっぽり収めて、無理のないようにフックを止めるのが正しい履き方です。

これから使ってみようかなと思う方は、正しい履き方をしてくださいね!

履くだけで美ボディを手に入れたい方へ!

※注文殺到のため、今申し込まないと入手がどんどん遅れますよ!

 

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました